第26回 石川県理学療法学術大会のご報告

第26回石川県理学療法学術大会が去る3月12日(日)に石川県立中央病院健康教育館にて開催され、153名の皆様にご参加をいただきました。

本学術大会のテーマは「地域に活かす理学療法 ~一歩外へ!今、私たちにできること~」と題し、各領域でご活躍されている県内6名の理学療法士にシンポジストして活動内容や今後の課題についてご講演をいただきました。

一般演題では31題のご応募がり、そのうち10演題をポスター発表とし活発な意見交換が行われました。また、機器展示では6社の企業にご協力をいただき多くの最新機器を体験することができました。

本学術大会を通じて、理学療法士としての普遍的かつ専門性の追求が、地域・社会貢献には不可欠だと再認識できる学術大会だったと思います。

最後に、本学術大会の開催にあたり、ご協力およびご参加をいただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

第26回 石川県理学療法学術大会
第26回 石川県理学療法学術大会